North Pole letter

northpoleからのお便りです。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< North Pole キッチンから、秋の味覚イチジク | main | 秋は、夕暮れ >>

60年間のおもてなし


ん、どん、どん、と
澄み渡る秋空の中、遠くよりたいこの音がこだまして
聞こえてくると、
40名余りの町内の方North Poleの坂をよいしょ、よいしょと
お神輿を担いで登ってきてくれました。

10月の第一日曜日は熊野神社のお祭りの日。

『富谷町史』によると「古くは現社地の東方に鎮座していたといわれていたが、伊達政宗が当地へ宿場を開設したとき現在地へ移転したものと伝えられている」
宿場町富谷の玄関口として歴史を重ねてきた熊野神社。
かつては奉納相撲が有名でお祭りの日には近隣より多くの力士が集まってきており、
その名も「富谷川助七」という力士がいたんだとか。

残念ながら、相撲はもう行われておりませんが、
NorthPoleのこの地では神輿を担いだみなさんにおもてなしを
させていただき60年余りの年月が経ちました。

さてさて、熊野神社の神様今年のおもてなしはいかがでしたでしょうか。
どうぞ、この一年もNorthPoleをよろしくお願いいたします。

と、どんどんと、響くたいこの音に思いをよせて。



毎年、50〜60人分くらい寸胴なべでどどーんとたくさん作ります。







 
etc.. | permalink | - | - | pookmark |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
PROFILE